福山市 動物病院 ふじい動物病院。小鳥・鶏・犬・猫、ペットに経験豊かな専門医が対応します。

HOME 交通案内 リンク集 サイトマップ English
084-983-3911

予防診療(ワクチン・フィラリア・ノミ・ダニ)

福山市 動物病院 予防診療

混合ワクチン

他のワンちゃんや、ネコちゃんと直接接触していなくても、便や尿、唾液から病原体が感染することがあります。

オーナー様が外からウイルスを運んでしまうケースも少なくありません。

生後2ヵ月齢と3ヶ月齢に接種してください。

初回接種が早い場合は3回接種になります。

以降は1年に1回の接種です。
ワクチンは病気を予防するものなので、体調の良い時にお連れください。

犬の感染症

犬の感染症には、犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬パルボウイルス感染症などがあります。

一度発症すると命に関わる病気もあります。

予防対策には、ワクチン接種が有効です

犬のワクチンは6種、9種を接種しています。

猫の感染症

猫の感染症には、猫汎白血球減少症、猫免疫不全ウイルス感染症、猫カリシウイルス感染症、猫白血病ウイルス感染症、クラミジア感染症などがあります。

猫の場合も一度発症すると、命に関わる病気もあります。

猫のワクチンは3種、5種を接種しています。

ワクチンの種類は、飼育の環境を考えて適切な種類を処方します。

狂犬病ワクチン

狂犬病は日本では現在発生していませんが、日本以外のアジアの国の多くでは狂犬病患者は増加しているため、今後日本でも狂犬病が発生する可能性は高まっています。

日本では生後3ヶ月齢以上の犬は年に1回の接種が法律で決められています。

フィラリア予防

犬が特に感染しやすく、蚊に刺されることによって、糸状虫という寄生虫が心臓や肺動脈に寄生感染し、心臓病を起こす病気です。

予防しないと生命にかかわる重大な病気です。

フィラリアは予防法が確立しており、蚊の発生時期に月に1回の投薬で予防ができます。

福山では、蚊の出始める4月の次の月、5月から、蚊が終息する11月の次の月、12月までの8ヶ月の投薬をおすすめしています。

投薬開始の前に必ずミクロフィラリアの検査を行ってください。

前年度の予防が不完全でフィラリアに感染している場合、予防薬によって弊害が起きる可能性があります。昨年夏を越していない子(仔犬)の場合、検査は不要です。

ノミ・マダニ

ノミ・マダニ共に駆虫薬の投与によって、予防・駆虫することができます。

ノミ ノミ成虫は生涯にわたり宿主に寄生し、雌雄ともに15分に1回吸血するといわれています。
ノミにさされると、貧血、掻痒、ノミアレルギー性皮膚炎などの症状がでることがあり、瓜実条虫に感染したノミを食べることによって瓜実条虫に感染することもあります。
マダニ マダニは草むらや山林などに生息するため、散歩中についてしまうことがあります。
マダニの被害は、貧血、アレルギー性皮膚炎、バベシア症の媒介、ライム病(人間にも感染することがあります)などの病気の媒介などです。

交通案内

福山駅からお車で10分。メモリアルパーク前、カーテンプラザ2Fです。

医  院  名 ふじい動物病院
獣 医 師 名 藤井至道
動物管理責任者 石井実沙
住     所 広島県福山市東深津町3丁目13-31
カーテンプラザ2F
電     話 084-983-3911(サンキュウワンワン)

PAGE
TOP